© おもと総合歯科医院 制作

011-641-4566

Tel

むし歯予防に一番効果がある方法

できればむし歯にはなりたくないものですよね?

一般的に、むし歯予防のためには次のことを気をつけた方が良いと言われています。

 

①プラークコントロール(隅々まで丁寧に歯をみがくこと)

②シュガーコントロール(甘いものを控えること)

③フッ素入り歯みがき粉を使うこと

 

全て効果がありますが、実は一番効果が出やすいのは、

③フッ素入り歯みがき粉を使うこと

なんです。

 

では、なぜフッ素入り歯みがき粉を使うことがむし歯予防に効果があるのでしょうか。

 

フッ素によるむし歯予防のしくみを理解するためには、むし歯の成り立ちを知る必要があります。

 

 

 

お口の中に炭水化物(白飯などの主食やお菓子など)が入ってくると、歯に付着しているむし歯菌が炭水化物を分解して酸を作ります。

この酸に歯がさらされることで、歯がとけます。

このことを「脱灰」と言います。

時間がたつと唾液の作用で酸は中和され、とけ出した歯の成分が歯に戻ります。

このことを「再石灰化」といいます。

「脱灰」しても、十分に「再石灰化」されていればむし歯にはなりませんが、

「脱灰」がどんどん進んで「再石灰化」が追いつかない場合にはむし歯になって進行していきます。

 

フッ素入り歯みがき粉を使うことで供給されたフッ素イオンは歯に吸着、被覆して歯を酸から保護します。

また、むし歯菌が炭水化物から酸を作ることを抑制します。

 

簡単に毎日の習慣に取り入れられるのも効果が出やすい秘訣かもしれません。

 

結論:むし歯を予防するために、フッ素入り歯みがき粉を使いましょう!

 

 

Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload