© おもと総合歯科医院 制作

011-641-4566

Tel

必要な検査 インプラント

March 30, 2016

当クリニックでは患者様の状態をよく理解するために,必要時に臨床検査を実施しています.

大まかな種類として、

1.血液検査

 血液検査は、患者様の主に腕の静脈から採取します.

 

一般的に行われる採決方法ですが、いくつかの項目の検査を行っております.

・血液一般    
赤血球の数、濃度、形態を確認します.

さらに白血球数,血小板数を調べます.
 
・凝固系検査  
血液の固まる能力に問題がないか調べます.

抗凝固剤を服用されている方の場合,当然ですが出血傾向が現れます.

・耐糖能 
血糖値とHba1c血糖値を調べます.

糖尿病の方,またはその予備軍といえる方かどうかがわかります.

・コレステロール(総コレステロール、HDL,LDLコレステロール) 
          
・肝炎ウイルス検査 抗体と抗原  
B型 C型のウイルスに感染しているかどうか、また免疫があるかどうかを調べます.

・ビタミンC血中濃度  
特に喫煙者の方場合ビタミンCの濃度が低下します.

骨や粘膜の治癒に関連します。

・活性化ビタミンD値  
骨の治癒に関係する検査です.

・カルシウムなどのミネラル 
骨はカルシウムなどの無機質が多く含まれています。その濃度を調べます。

3. CT検査

画像診断について欠かせないのが、このCT検査です.

当クリニックでは、インプラント治療前に必ず撮影をしています.


・ 上顎骨のインプラント治療で診断すること

骨の厚みと幅など、骨の形態に関すること
上顎洞炎や腫瘍に類似した疾患があるかないか,
上顎洞と鼻腔の交通路がしっかり開いているかどうか.

・下顎のインプラント治療で診断すること

 

下顎骨内部にある下顎管(動脈,静脈,神経が走る)の位置関係を診断します.

 

これらの検査を経て,安全性の高いインプラント治療を行っております.

Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload